TOP > 緊急のときは > 緊急のときは(LPガス)

緊急のときは(LPガス)

ガスがでない・止まったとき

地震でガスの供給が止まった場合

1.揺れたらまず火の始末

火を使っているときに地震が起きたら、ガス栓や容器バルブを閉めてガスの火を消します。

2.揺れがおさまったら

ガス臭いときはガス栓を閉めたまま、甲賀協同ガスまでご連絡ください。
ガス栓、器具栓、容器バルブを開いてもガスが出ないときは、 マイコンメーターが作動して、
ガスの供給が止まっている可能性があります。 その場合は、ガス栓、器具栓を閉め、手順に従って
マイコンメーターを復帰してください。
正しくマイコンメーターの復帰操作をしてもガスが使えない場合、 甲賀協同ガスまでご連絡下さい。


地震以外でガスの供給が止まった場合

マイコンメーターは、あらかじめ設定された流量と比べて異常と判断した場合にも、
自動的にガスをしゃ断します。
 地震が発生していないのにガスの供給が止まった場合、ガス漏れの恐れがありますので、
必要な操作を行ったあと、手順にしたがって甲賀協同ガスまでご連絡ください。

注1.少量のガス漏れの場合、ガスは止まりません。
   マイコンメーターの表示ランプが点滅し、液晶画面にBR・Bなどが表示されます。

ガスくさいとき

ガスのにおいがするときは、ガス漏れが発生している可能性があります。
危険防止の為、以下の行動をお願いします。

(1)火気厳禁

絶対に火気を近づけないでください。タバコもすぐに消してください。

(2)着火源にふれない

引火する恐れがあるので、換気扇や電灯等のスイッチには絶対に手を触れないでください。

(3)窓を開ける

窓や戸を大きく開けて、部屋の空気を入れ替えてください。
 (LPガスは空気より重い為、低いところに溜まります。)

(4)ガス栓の閉止

ガス栓、メーターガス栓、容器バルブを閉めます。

(5)甲賀協同ガスへの連絡

甲賀協同ガスまで連絡をお願いします。お伝えいただくのは次の項目です。

  • お客様のお名前
  • ご住所(ガスの臭いを感じている場所)
  • ご近所の目じるし
  • その場の状況

マイコンメーターの復帰操作

地震である程度以上の揺れがあると、マイコンメーターが働いて自動的にガスがしゃ断されます。
地震後も異常が無い場合には、ご自身で復帰操作をするとガスが使えるようになります。

        

注2.ガス臭いときは復帰操作は行わず、窓や扉を開放し、甲賀協同ガスまでご連絡ください。